“かおがないねぇ〜” 漁港の超大型クレーンを見てひと言!! クランキーだねっ

KOJOE 火曜日

2011年03月01日 15時02分

本日より全世界へ向けて配信され続けます♪


KOJOE 火曜日

ON RECORDSレコーディングアーティスト、Kojoeによる週刊デジタル配信が決定し、毎週火曜日に新曲がリリースされることになりました。このプロジェクトは、「Kojoe火曜日」と題し、オンラインネットワークで「世界」を視野に入れた音楽活動を目的としています。Kojoeの限定トラックは、2011年3月1日から毎週火曜日、日本標準時(JST)午前零時にwww.IAmKojoe.comにて配信されます。音楽プロモーション法として活用されているTwitterアメリカの「Music Monday」-「音楽の月曜日」と同じ趣向で、Kanye Westの「Good Fridays」やSwiss Beatzの「Monster Mondays」に習い、火曜日をKojoeの音楽配信日とします。国内外問わず、アクセスした者だけに配信される、限定トラックにご期待ください。

2007年、Rawkus Recordsと正式に契約を交わした初のアジア人アーティストが、坂田「Kojoe」浩一郎です。13年間ニューヨークで暮らし、「アメリカンイングリッシュ」を独学でマスターすることにより、Kojoeは日本語と英語を巧みに操つる独自のラップ法を身につけました。2009年の帰国を機に、全国デビューアルバムとなる「Mixed Identities 2.0」を完成させ、来る2011年6月30日にリリースされます。多数の日本人MCやプロデューサー陣、また、アメリカのアーティストをも迎えた 「Mixed Identities 1.5」のミックステープリリースも予定されています。2カ国語をネイティブに操るリリシズムとその言葉を音に乗せる卓越したスキルは、過去に前例がなく、世界中のヒップホップファンの注目をあびています。国内アーティストとのコラボレーションには、Dabo、Big Joe、Seedaや4WD等の名前が連なり、アメリカンサイドでは、Raekwon、Talib Kweli、Styles P.、Smif-n-WessunやJ. CardimとD. Focis等といった豪華なメンバーとのコラボレーションを実現しています。

「Kojoe 火曜日」は、@IAmKojoe Twitterのタイムライン、フェイスブックのKojoeファンページ、mixi内のIAmKojoe Mixi group 等をルートとして活用し、全てのファンとフォロワーがIAmKojoe.comにて配信されるシングルがダウンロードできるように、お知らせします。Rawkus Records契約時以前の作品集「Mixed Identities 1.0」のミックステープは2010年9月11日にホームページで再度リリースされましたが、今後も「Kojoe火曜日」を通じて、Kojoeのあらゆる才能の側面を紹介していきたいと思います。MC、シンガー、ソングライターとしての活動は勿論ですが、世界のアートとのギャップを埋めてくれる「架け橋」的な彼の存在にも注目して頂きたいところです。Kojoeに関して、より詳しく知りたいメディア関係の方、DJ、アーティストやプロデューサーの方は、お気軽にマネージメントにお問い合わせください。

"Kojoe 火曜日" (Kojoe Tuesday) a weekly promotional digital download release by ON RECORDS recording artist, Kojoe. In efforts to grow Kojoe's online networks and international attention, select tracks will be available on www.IAmKojoe.com every Tuesday at midnight Japan Standard Time (JST) starting March 1, 2011. 火曜日, pronounced kah・YO・bee, means Tuesday in Japanese. Releasing music on Tuesday (JST) coincides with America on Twitter's Music Monday trend, which artists use to promote music on their timelines. Following in the path of Kanye West's "Good Fridays" and Swizz Beatz's "Monster Mondays", Kojoe will be designating a weekday for Japan and the world to anticipate accessing exclusive tracks.

Koichiro "Kojoe" Sakata was the first Asian artist signed to Rawkus Records in 2007. After living in New York for 13 years and developing his grasp of American English, Kojoe turned to rapping in English and Japanese. Upon returning to Japan in 2009, Kojoe finished his national debut album "Mixed Identities 2.0", set to be released June 30, 2011. Prior to that release, his mixtape "Mixed Identities 1.5" will be promoted, which features various Japanese emcees, producers, and American artists. Kojoe is catching ears internationally due to his talented abilities to flip lyrics in English and Japanese with a skill set that has been unattempted and linguistically difficult for most Japanese emcees. Artists that Kojoe has collaborated with in Japan include Dabo, Big Joe, Seeda, 4WD, and producers YMG and Ohld, along with Raekwon, Talib Kweli, Styles P., Smif-n-Wessun, and producers J. Cardim, D. Focis, and Streets from the USA.

"Kojoe Tuesday" will utilize the @IAmKojoe Twitter timeline, the Kojoe Facebook Fan Page, and his Japanese IAmKojoe Mixi group to direct fans and followers to download singles from his homepage IAmKojoe.com. The website was first used to promote the download of his re-released, pre-Rawkus Records, American recorded mixtape "Mixed Identities 1.0", on September 11, 2010. "Kojoe 火曜日" aims to showcase the wide talents of Kojoe as an emcee, singer, songwriter, and cultural ambassador from the Far East bridging the gap of the Japanese music industry and artistry to the world. Media outlets, DJs, artists, and producers are welcomed to contact Kojoe's management for more information.

Text format by [ENTokyo LLC]
お名前*
メールアドレス*
URL
コメント*
 
コメントする

つぶやき

Loading Tweets...

Follow me!!